言の葉紡ぎ

​日本語には靈力が宿っていると

言われた方がいました。

私達が日々使う言葉に

もし言靈の力があるとしたら…

私達はどのような言葉を

使ったらよいでしょうか。

素直に 「ごめんなさい」 とあの時言えていたら…

誰もが一度や二度そう思ったことはあるのではないでしょうか。

「ごめんなさい」は自分の非を認めて相手の寛大な許しを請う言葉だそうです。

 

つまらない意地を張ってしまったり小さなプライドで

意固地になってしまったり…

​後からもっと素直になればよかったと反省してみても

過ぎた過去は変えられません。

しかしこれからの未来は変えることができます。

「ごめんなさい(御免なさい)」 は相手の方に伝えますが

同時に『自分』にも許しを請うているようです。

自分で自分を許すことが出来るのであれば

この言葉もっともっと使って行きたいですね。

素直になることは自分を大切にすることでもあります。

言靈の力で大切な自分を優しく包みたいですね。

『​今月の言靈』

​ごめんなさい